講師によるプログラミング言語の指導

システム開発は、大きな工程の流れに沿って進められるウォーターフォールモデルという手法が取られることが多いです。要件定義、設計、コーディング、テストという順番で進めていきます。そのうち、コーディングの工程は、前段階で作成された設計書に従ってプログラミングをする工程です。

システム開発を行っている企業の中では、これらの工程のうち、要件定義や設計工程のクライアントと折衝を行う工程に特化した企業や、コーディングやテスト工程の技術的な部分に特化した企業があります。コーディングやテストを主に行う企業でプログラミング言語の習得は必須であるため、講師を招いた研修や社員同士による勉強会は常に行われています。クライアントと折衝を行うことの多い企業にとっても、プログラミング言語の習得は必要で、設計書を作成したり、協力会社とプログラム作成の進捗や問題点の共有をする際にその知識が発揮されます。そのため、新人教育の場面で講師を招いた研修が行われています。

講師は指導するプログラミング言語に精通し、実際のシステム開発の現場で働いた経験のある人がほとんどです。そのため、講師の経験したトラブル事例や解決策といった生の意見も聞くことができます。新人教育のような学ぶ人によって知識レベルが異なる場合は、知識によってクラス分けをしてレベル別の指導をすることもあります。社内の社員を講師として研修を行うような企業では、企業の事業部の中にプログラミング言語の動向調査や研究を行う部門がある場合があります。

Got Something To Say:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2019. Powered by WordPress & Romangie Theme.