プログラミング言語の講師に学ぶ

システム開発において、プログラミング言語の習得は必須です。システム開発を行うシステムインテグレーターでは、新入社員の教育のために、外部や社内から講師を呼んで研修が行われています。新人の育成だけでなく、システムプロジェクトの必要に応じて適宜、講習は行われています。

プログラミング言語は複数あり、それぞれ特徴があります。インターネットのウェブサイトを作るのであれば、HTMLを基本として、JavaScript、CSSなどの言語があります。画面からのリクエストを受けてデータベースの値を書き換えたり、ほかのシステムと連携するようなシステムでは、JavaやPHPなどの言語が用いられます。プログラミング言語の進化や新しいものの登場は日々進んでおり、システム開発に携わる人は、それらの動向を常に追いかけることになります。最新の知識を持つことで、システムトラブルを未然に防ぐことができます。

プログラミング言語習得のための研修では、講師が前に出て講義を行う形式で行われますが、プログラミング能力の習得のために、生徒はパソコンを前にして実際に操作を学びながら講義を進める形が一般的です。プログラムの書き方や文法、コンパイルの仕方、実行の仕方といった基本的なところから、プログラミング言語が持つ特徴や性能などについて学びます。講師にはそれらの知識に精通した社員や専門講師が選ばれ、生徒からの質問にも回答します。

Got Something To Say:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2019. Powered by WordPress & Romangie Theme.